からだ と こころ をあたためて起こった驚きの変化!

私は長年、生理痛、生理不順、過長月経などの
子宮のトラブルに悩んできました。
ここ数年は、不整脈、頭痛、めまいなどの不調を
感じることも増えていました。
 
さらに、今年5月に子宮に高度異形成が見つかり、手術を経験しました。
 
術後思っていたよりも出血が多かったこともあり、
からだが弱ってしまったことをきっかけに、温活に興味をもちました。
そんな私が”あたためること”を実践し3カ月ほど経ったころ、
こんな変化があらわれました!
 
*からだをあたたかいと感じるようになった
 
*顔色がよくなった
 
*めまい、頭痛を感じることが激減した
 
過長月経が改善されてきた
 (毎月10~2週間ほどの出血 → 約7日)
 
*生理痛の鎮痛剤を飲む回数が激減した
 (4日間 → 1日間)
 
こんなに変化がでるとは思っていなかったので、私自身がすごく驚いています!
 
今まで不調を感じて病院へ行っても「ストレスです」と言われ続け、
ストレスなら仕方がないと思い、
不調の状態を当たり前に受け入れてしまっていました。
でも、からだが冷えていたことからも、不調を招いていたようです。
 
『冷えは万病のもと 
東洋医学のことわざで、 多くの病気の根源は『冷えにあると言われています。
 
こころもからだも冷えるとこわばって動かなくなりますよね。
 
内臓の働きも一緒で、冷えると動きが悪くなり、
気(自律神経)血(血液)水(水分)の巡りが悪くなります。
 
健康な状態とは、気血水が過不足なく巡っている状態をいい、
内臓が不調を不調をきたすと気水血のバランスが崩れ、
からだにも不調が現れます。
 
特に女性のからだは、冷えによる血流障害で、
生理痛、子宮筋腫や子宮内膜症を発症すると言われています。
私は、からだ と こころ をあたためることを意識して取り組むようになり、
不調が少しずつ改善しはじめたことで、穏やかな気持ちでいられる時間が増えました。
 
穏やかな時間が増えると、今までより優しい気持ちになれたり、
ちょっとしたしあわせに感動するようになったり、
健康のありがたみを改めて感じています。
今後、私が実際に実践していて効果を実感した温活も
ご紹介したいと思っていますので、ぜひ楽しみにしていてください♪
ブログに戻る