コーヒー豆ってなんで茶色なの?!

今回のおはなしは
コーヒーにそれほど詳しくはないけど・・・・
美味しく飲んでいる方向けのおはなしです。。


そもそも

コーヒー豆ってどうして茶色なのかご存知でしょうか?

もしかしたら...

はじめから茶色だと思っている方もいらっしゃるカモしれません。。。

実は…炒ることによって茶色になっています。

 


日本に流通している多くのコーヒー豆は諸外国から輸入している豆です。

スーパーで売っているお米の袋の2倍くらい?!の大きさの麻袋のようなものに
入って日本に来ています。



産地によりますが、麻袋をあけていなくても
なんだかエスニックのような…日本ぽくない香りがすでにしているものもあります。

その麻袋に入っているコーヒー豆が

すでに茶色だと思っておられる方もいらっしゃるかも知れません。。。が、

じつは、生豆(きまめ)と言われるグリーンビーンズなのです。



この色も品種により若干異なりますが、
大豆のような色だったり、大豆が少しグリーンがかったような…
かわいい色をしています。


それを焙煎(ロースト)、炒る作業をすることにより色が変化し
みなさんが馴染みのある茶色のコーヒー豆になるのです。





同じ品種でも焙煎度合い(どのくらい加熱するのか)で
全く違う豆のようなテイストになるのも
コーヒーの面白いところだな~と思います。

 

 

焙煎度合いによって

浅炒り、深炒りなどというのですが、その辺は

また次回に…☆


コーヒー豆は焙煎して茶色になっていることを覚えておいてくださいね(^^♪

 

 今日のコーヒータイムが

  ほっとするひとときでありますように☕

 

ブログに戻る